大谷翔平のことをどうして言うかでその人のケースがわかる

 前週、我が国ハムファイターズの大谷翔平投手が球速163距離を連発した。163距離は我が国測定。これ以上手っ取り早い球を投げる投手は目下、日本にはいない。
 旦那は、投手と打者のいわゆる「二刀流」に挑戦している。今ピークは、打者としてはホームランを連発し、その度合いを維持した通り投手としての勝ち星も重ねていて、その尽力が実を結びつつあるようだ。
 あんな旦那の活躍を見て、「二刀流の正邪」を論じる意見も少なくなってきたが、旦那がファイターズに入団したうちは賛否両論があった。
 「2つの稽古を兼職するのはしんどい」「ダメージが疑惑」などの理解もあったが、中には「エリート野球をなめている」「2つを出来るなら、自分が現役の時でもやっていた」「無理に決まっている」「成功してほしくない」などと、野球批評ではなく感触論を言うエリート野球OBのユーザーもいた。
 誠にいう心の狭さかと思ったものだ。高校生を完了したての若者の尽力を、なぜここまでボロクソに言えるのか一体全体疑惑だった。旦那の今の活躍を見て、当時このような報告をした人たちはどうして思っているのだろうか。ぜひとも、聞いてみたいものだ。あんなに深刻になっていたのに相談して解決法がみつかりました